震災時における危険物の仮貯蔵・仮取扱い等の安全対策及び手続きについて

 東日本大震災では被災地において、給油取扱所等の危険物施設に被害が生じたことや、被災地への交通網が寸断したこと等から、ガソリン等の燃料が不足したため、消防法第10条第1項ただし書に基づく危険物の仮貯蔵・仮取扱いが多数行われました。

 震災時の対応について、豊中市消防局のホームページをご覧ください。  

この記事に関するお問い合わせ先

総務部自治防災課自治防災係(西館3階)
能勢町宿野28番地
電話: 072-734-0107
ファックス:072-734-0157
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2017年06月30日