水道事業統合に向けて

(写真)締結式

 4月25日、大阪広域水道企業団との水道事業統合に向けて、その検討・協議を開始するため、本町を含む7市町(泉南市、阪南市、能勢町、豊能町、忠岡町、田尻町、岬町)と大阪広域水道企業団との間で覚書の締結を行いました。 

 現在、水道事業を取り巻く環境は、急速な人口減少等に伴う給水収益の減少、水道施設の更新や地震対策など様々な課題に直面しています。このような中、府内の中小水道事業体についても、単独での事業経営が今後一層厳しくなることが予想され、大阪広域水道企業団を核とした府域一水道をめざす動きとなっています。 

 大阪府下においては、水道事業の府域一水道化に向けて、先に四条畷市、太子町、千早赤坂村と企業団との水道事業統合が決定し、平成29年度から事業が開始されます。本町におきましても、同時に覚書を締結した他の6市町とともに平成31年度からの事業開始を視野に入れ、水道事業統合に向けた検討・協議を進めてまいります。

この記事に関するお問い合わせ先

環境創造部地域整備課水道係(西館2階)
電話:072-734-2532
ファックス:072-734-1545
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2017年06月30日