外国人住民の方についても住基ネットの運用が開始されます

 平成25年7月8日から、外国人住民の方についても住民基本台帳ネットワークシステム[住基ネット]の運用が開始されます。

 また、外国人住民の方も住民基本台帳カード[住基カード]の交付を受けることができるようになります。

住基ネットの運用が開始されると、次のことができるようになります。

例えば・・・

  • 一部の行政機関で、住民票の写しの提出の省略が可能となるなど、手続きが簡略化されるようになります。
  • 能勢町役場以外でも住民票の写しの交付を受けることができるようになります。
    (住基カード、または在留カード等の提示が必要です。)
  • 住基カードの交付を受けている方は、転入届の特例が受けられ、郵送等により転出届を行うことで、引越し時の手続きで市区町村の窓口に出向くのは、引越し先の一度で済むようになります。

などです。

 このたびの住基ネットの運用開始に伴い、外国人住民の方の住民票に[住民票コード]が記載されます。対象となる外国人住民の方には、[住民票コード]通知を7月下旬ごろまでに、送付させていただきます。

 詳しい内容については、総務省のホームページをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

総務部住民課住民係(本館1階)
電話:072-734-2107
ファックス:072-734-1100
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2017年06月30日