電子証明書とは?

公的個人認証サービスは、住民から地方公共団体へ送信される電子文書が、

  • なりすまし
  • 事後否認
  • 改ざん

といったことを防ぐための仕組みを、地方公共団体が住民に対し提供するサービスです。

 この公的個人認証サービスでは、公開鍵暗号方式に基づく電子署名(デジタル署名)という暗号技術が利用され、この方式は、秘密鍵と公開鍵という一対の鍵を利用し、電子文書の暗号化・復号化を行うもので、この鍵の本人性を保証するものとして電子証明書が使用されます。

 つまり、電子証明書は、インターネット社会における印鑑登録証明書で、申請・届出といった手続きのみならず、民間における商取引においても自己を証明する信頼のインフラとしての役割と機能を持つものです。

  • 電子署名:現代社会で行われている書面への手書きによる署名や印鑑の捺印行為を、電子世界で行うのが電子署名です。
  • 復号化:暗号化された文書を元にもどすことです。

関連ホームページ

この記事に関するお問い合わせ先

総務部住民課住民係(本館1階)
電話:072-734-2107
ファックス:072-734-1100
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2017年06月30日