放課後児童クラブにおける入会選考基準について

入会判定基準

 児童の保護者のいずれもが次の各号のいずれかに該当することにより、放課後及び学校長期休業期間に児童を保育することができないと認められる場合、入会を許可するものとする。

  1. 家庭外で労働することを常態としていること。
  2. 家庭内で児童と離れ、労働することを常態としていること。
  3. 妊娠中であるか、または出産後間がないこと。(産前・産後8週間)
  4. 疾病にかかり若しくは負傷し、または精神若しくは身体に障害を有していること。
  5. 同居の親族を常時介護していること。
  6. 震災・風水害・火災その他の災害の復旧にあたっていること。
  7. 学生であること。
  8. その他町長が放課後児童クラブの利用を認める状態にあること。なお、「労働」とは週4日以上、昼間に1日あたり4時間以上就労していることとする。

入会優先順位

 放課後児童クラブ入会申請者に対し、入会の必要性を判定した後、入会申請者数が定員を超過し待機児童が生じる場合、別表「放課後児童クラブ入会募集における定員超過時の対応について」により入会優先順位を定める。

 なお、別表については、一時的保育事業にも適用する。

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部福祉課福祉係
能勢町栗栖82番地の1(保健福祉センター)
電話:072-731-2150
ファックス:072-731-2151
メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年12月07日