私立幼稚園就園奨励費補助金

対象

 私立幼稚園に在籍する満3歳児・3歳児・4歳児・5歳児の保護者(所得制限あり)

補助金額

1人就園の場合及び同一世帯から2人以上就園している場合の最年長者(第1子)
交付対象者 給付金額
当該年度に納付すべき市町村民税が非課税となる世帯及び生活保護法の規定による保護を受けている世帯 年額146,200円
当該年度に納付すべき市町村民税の所得割が非課税となる世帯 年額110,800円
当該年度に納付すべき市町村民税の所得割課税額が34,500円以下の世帯 年額84,200円
当該年度に納付すべき市町村民税の所得割課税額が183,000円以下の世帯 年額59,200円
同一世帯から2人以上就園している場合の次年長者(第2子)
交付対象者 給付金額
当該年度に納付すべき市町村民税が非課税となる世帯及び生活保護法の規定による保護を受けている世帯 年額190,000円
当該年度に納付すべき市町村民税の所得割が非課税となる世帯 年額165,000円
当該年度に納付すべき市町村民税の所得割課税額が34,500円以下の世帯 年額146,200円
当該年度に納付すべき市町村民税の所得割課税額が183,000円以下の世帯 年額129,000円
同一世帯から3人以上就園している場合の上以外の園児(第3子)
交付対象者 給付金額
当該年度に納付すべき市町村民税が非課税となる世帯及び生活保護法の規定による保護を受けている世帯 年額260,000円
当該年度に納付すべき市町村民税の所得割が非課税となる世帯 年額253,000円
当該年度に納付すべき市町村民税の所得割課税額が34,500円以下の世帯 年額248,000円
当該年度に納付すべき市町村民税の所得割課税額が183,000円以下の世帯 年額243,000円

また、平成20年度より小学校1年生~3年生の兄・姉を有する事実上の第2子・3子については、次の補助金を給付します。

小学校1年生~3年生の兄・姉を1人有しており、就園している場合の最年長者(第2子)
交付対象者 給付金額
当該年度に納付すべき市町村民税が非課税となる世帯及び生活保護法の規定による保護を受けている世帯 年額162,000円
当該年度に納付すべき市町村民税の所得割が非課税となる世帯 年額129,000円
当該年度に納付すべき市町村民税の所得割課税額が34,500円以下の世帯 年額106,000円
当該年度に納付すべき市町村民税の所得割課税額が183,000円以下の世帯 年額83,000円
小学校1年生~3年生の兄・姉を1人有しており、同一世帯から2人以上就園している場合の上以外の園児及び小学校1年生~3年生に兄・姉を2人以上有している園児(第3子以降)
交付対象者 給付金額
当該年度に納付すべき市町村民税が非課税となる世帯及び生活保護法の規定による保護を受けている世帯 年額190,000円
当該年度に納付すべき市町村民税の所得割が非課税となる世帯 年額165,000円
当該年度に納付すべき市町村民税の所得割課税額が34,500円以下の世帯 年額146,200円
当該年度に納付すべき市町村民税の所得割課税額が183,000円以下の世帯 年額129,000円
  1. 兄・姉が保育所・認定こども園・特別支援学校幼稚部・知的障害児通園施設・難聴幼児通園施設・肢体不自由児施設通園部及び情緒障害児短期治療施設通所部に通う場合、または児童デイサービスを利用する場合も同時就園を適用します。
  2. 保護者(父母)2人に所得がある場合は、所得割課税額を合算します。
  3. 父母以外に家計の主宰者(最多収入・園児の扶養など)がいれば、その方の所得割課税額も合算します。
  4. 途中入園により、保育料等が在園期間に応じて支払われている場合の補助限度額は、次の算式により減額して適用します。上記の単価×(保育料等の支払月数+3)÷15 (百円未満を四捨五入)
  5. 実際の保育料等の支払額が限度額を下回る場合は、当該支払額を限度とします。
  6. 第1子・第2子とは、長男(女)・次男(女)という意味ではなく、幼稚園等に在籍している人数です。

申請手続き

 申請手続きは、所属の幼稚園を通じて行います。詳細は幼稚園にお問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部福祉課福祉係
能勢町栗栖82番地の1(保健福祉センター)
電話:072-731-2150
ファックス:072-731-2151
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2017年06月30日