納税義務者が亡くなられたとき

 賦課期日(毎年1月1日)後、納税義務者が亡くなられた場合には、その相続人が固定資産税の納税の義務をうけつぎます。

 また、相続登記等により相続人が確定するまでの間は、暫定的な納税義務者(相続人代表者)を定めることもできます。

この手続きは、被相続人にかかる固定資産税の納税通知書、その他の書類を受領する相続人代表者の指定するものであって、相続登記及び相続税とは関係ありません。なお、亡くなられた納税義務者が口座振替を利用されていた場合は、口座の利用ができなくなる場合がありますので、引き続き口座振替を希望される方は、新たに手続きしていただくことになります。

 

提出書類

申請窓口

能勢町役場 総務部住民課税務係

この記事に関するお問い合わせ先

総務部住民課税務係(本館1階)
電話:072-734-0153
ファックス:072-734-1100
メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年06月30日