能勢町認知症高齢者等SOSネットワーク事業を始めました

 能勢町では、認知症高齢者等が行方不明となった場合に、地域の支援を得て早期に発見できることを目的とし、平成28年7月1日から「能勢町認知症高齢者等SOSネットワーク事業」を始めました。

内容

関係機関や協力事業者の協力を得て、支援のネットワークを構築し、認知症高齢者等の生命・身体の安全とその家族の支援を図るものです。

対象者

 認知症高齢者等(若年性認知症を含む)の方で、行方不明や徘徊のおそれのある方。

事前登録ができます

 あらかじめ登録しておくことで、早期発見や本人・家族の安心につながります。
登録は家族や介護施設等の職員の方でも可能です。事前登録は地域包括支援センターで受け付けています。

町外の連携も行います

 府内市町村及び、全国への広域発見の協力要請をすることができる体制も整っています。

協力事業者を募集しています

 この事業に賛同し、普段の業務に支障のない範囲で、行方不明者となった認知症高齢者等の捜索・発見や、情報提供などに協力していただける事業者や団体を募集しています。
 ぜひご登録をお願いいたします。

関係機関一覧

豊能警察署、豊中市北消防署能勢町分署、能勢町消防団、地区福祉委員会、能勢町民生委員児童委員協議会、能勢町社会福祉協議会、認知症キャラバンメイト、介護保険サービス事業所

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部福祉課包括支援係
能勢町栗栖82番地の1(保健福祉センター)
電話:072-731-2160
ファックス:072-731-2151
メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年06月30日