救急車の適正な利用について

住民の皆様へお願い

 万一の事故や急病など、救急車を要請したいときは、迷わず119番通報をしてください。

 しかし、最近、軽いケガや緊急性がない場合での119番通報が増えてきております。

 救急車は、生命にかかわるような病気やケガなど、緊急を要する傷病者を一刻も早く医療機関へ搬送する必要があります。

 軽い病気やケガで救急車を利用してしまうと、緊急なときに救急車が出てしまっており、1分1秒を争う生命に危険を及ぼす傷病者への対応が遅れることにもなりかねません。

 救急車はいざというときに利用するものです。救急車の適正な利用をお願いします。

救急車はタクシーではありません。

 緊急性のない利用は控えてください。自家用車等で行ける場合はできるだけ利用を控えてください。緊急を要する傷病者への対応が遅れ、生命の危険を及ぼす恐れがあります。

病院がわからないからといって利用していませんか。

 病院がわからないから、とりあえず、救急車を呼べば、連れて行ってもらえると思っていませんか?

 救急車を利用しなくても、医療機関の紹介を受けて受診することができますので、♯7119(または、06-6582-7119)へ電話してください。症状に応じた医療機関を紹介してもらえます。(ただし、大阪府内の医療機関のみ。)

 もしくは、119番通報したときに、[○○(症状)なので、病院を紹介してもらえませんか?]と、問い合わせてもらっても、診療可能な医療機関を紹介してもらえます。

この記事に関するお問い合わせ先

総務部自治防災課自治防災係(西館3階)
能勢町宿野28番地
電話: 072-734-0107
ファックス:072-734-0157
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2017年06月30日