低入札価格調査制度について

 平成26年度から本町が発注する工事のうち、予定価格が4億円以上の建設工事を対象に、低入札価格調査制度を実施しています。

 

1.予定価格が4億円以上の建設工事について、調査基準価格(工事の請負契約を締結しようとする場合において、契約の相手方となるべき者の当該申込価格が当該契約の内容に適合した履行がされないおそれがあると認められる場合の基準となる価格)を設定します。(調査基準価格は事後公表)

2.調査基準価格を下回る入札を行った入札者に対しては、当該契約の内容に適合した履行がされないおそれがあるか否かを具体的に判断するため、調査書類の提出を求めるとともに、事後の事情聴取に協力していただきます。

3.調査基準価格を下回った入札を行った者は、最低入札者であっても必ずしも落札者とならない場合があります。(調査に基づく能勢町低入札価格調査委員会による審議の結果、最低価格入札者の価格により、当該契約の内容に適合した履行がされないおそれがあると認めたときは、当該入札者を落札者としません。)

 

この記事に関するお問い合わせ先

総務部総務課人権総務係(本館1階)
電話:072-734-0479
ファックス:072-734-2064
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2019年12月25日