200年の伝統<能勢の浄瑠璃>

竹本文太夫派・竹本井筒太夫派・竹本中美太夫派・竹本東寿太夫派の四派紹介の画像

〈能勢の浄瑠璃〉は、太棹三味線と太夫の語りによって物語が進行する“素浄瑠璃”といわれる渋い座敷芸ですが、江戸時代中期、文化年間(1804から1817年)から今日まで200年にわたる能勢の大切な芸能です。竹本文太夫派・竹本井筒太夫派・竹本中美太夫派があり、互いに励まし競いあってその伝統を継承してきましたが、2001年(平成13年)に新しく竹本東寿太夫派が誕生し、4派となりました。

能勢の浄瑠璃の舞台写真

〈能勢の浄瑠璃〉の特質は、他に類例をみない“おやじ”とよばれる制度にあり、いわゆる家元にあたりますが、違うのは世襲制ではないということです。“おやじ”になる太夫は弟子を5、6人養成し、後継者の育成を行います。新しい“おやじ”が誕生することで、それまで浄瑠璃とは縁のなかったおやじの周りの町民を浄瑠璃の世界へと誘い込む、つまり浄瑠璃人口の拡大につながっています。こうして現在でも、200名を越える語り手が存在し、町内各地区に太夫襲名の碑など100余基が残されています。ここ能勢町がいかに浄瑠璃になじみ、親しんできた土地であったかを物語っています。農業のかたわら土地固有の芸事として、農閑期に師匠からマンツーマンで稽古を受け、身につけていったものであること。つまり、庶民によって創られ、伝え続けてきた文化だということです。1993年(平成5年)に大阪府の無形民俗文化財に指定。また1999年(平成11年)には、“浄瑠璃という芸能が地域に伝播し伝承される過程で、全国的にも希少な伝承のあり方を生み出したものであり、芸能の過程を知る上で重要”とのことから国の無形民俗文化財の選択を受けています。

この記事に関するお問い合わせ先

環境創造部観光文化課観光文化係
能勢町宿野30番地(淨るりシアター)
電話:072-734-3241
ファックス:072-734-3240
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2017年06月30日