水道法による情報提供

(水道法第24条の2及び水道法施行規則第17条の2の規定に基づく情報提供)

水質検査計画及び検査結果

水質検査計画について

水質検査結果について

水道事業の実施体制

部署名 主な業務 連絡先

環境創造部

地域整備課

水道係

  • 水道料金に関すること
  • 水道事業会計に関すること
  • 量水器の管理に関すること
  • 給水装置工事に関すること
  • 指定給水装置工事事業者に関すること
  • 配水管、給水管の維持管理に関すること
  • 水道施設の建設改良計画・工事にに関すること
  • 配水場・浄水場の維持管理に関すること
  • 水質に関すること
  • 水道メーター検針に関すること
734-2532

 

水道施設の整備、その他水道事業に要する費用について

水道料金その他需要者の負担に関する事項

給水装置の管理

貯水槽水道の管理について

貯水槽水道とは

    ビル、マンション、学校等の大きな建築物では、中高層階へ水道水を送るため、水道管を通って送られてきた水をいったん受水槽に貯めて、ポンプで直接または高置水槽を経由して給水する方式を採用している場合があり、このような水道の方式を「貯水槽水道」と呼んでいます。

貯水槽水道の種類

(簡易専用水道)
   貯水槽の容量が10立方メートルを超えるものは、「簡易専用水道」として「水道法」が適用され、定期的な検査など適正な管理が義務付けられています。

(小規模貯水槽水道)
   10立方メートル以下の受水槽「小規模貯水槽水道」についても、「簡易専用水道」に準じた管理が必要です。

貯水槽水道の管理

   貯水槽水道の管理は、建築物の所有者(管理者)にあります
   受水槽に入るまでの水については、水道事業者が責任をもって管理していますが、受水槽以降の水はその設置者が責任をもって管理しなければなりません。

   1.貯水槽の清掃
    1年以内ごとに1回、定期的に清掃しましょう。
    (清掃は専門的な知識・技術を有する人が行いましょう)

   2.定期検査
    1年以内ごとに1回、厚生労働大臣の登録を受けた検査機関による検査を受けましょう。

   3.貯水槽の日常的な点検
    (施設の点検)

  • 水槽の本体及び周辺は清潔か。
  • 水槽や配管に亀裂や漏水はないか
  • 周囲に汚染源となるものはないか
  • 水槽内に浮遊物はないか
  • マンホールに破損はないか。鍵はかかっているか
  • 通気管等の防虫網に破損はないか

    (水質検査の実施)

  • 無色透明なガラスコップに給水栓から水を採り、水の色、濁り、におい、味に異常はないか?

      (注意)異常があった場合は、専門機関により、より詳しい検査を実施して下さい。

供給する水が人の健康を害するおそれがあると分かったときは・・・
   直ちに給水を停止し、その水を飲まないように利用者に知らせるとともに、速やかに近くの保険所に連絡し支持を受けてください。

災害時における危機管理

非常時における水道の危機管理事項に関しては、「能勢町地域防災計画」に基づき対応します。また、災害時の備えについては以下のとおりです。

災害時の備えについて

飲料水の確保を
災害はいつ起こる分かりません。
もしも、の時の準備として水道水を備蓄する習慣をつけましょう。
人が生きていくために、1人当たり1日に摂取する必要がある水の量は大人で3リットルが必要といわれています。
備蓄する量の目安は、1人1日3リットル×3日間です。
万が一の事態の備え、各ご家庭においても日ごろから飲料水・備蓄水を確保しておくことをお勧めします。

保存する容器の確保
清潔なポリタンクを準備しておくと便利です。ただし、ポリタンクに水を入れると予想以上に重たいものです。コンパクトで持ち運びが便利なペットボトルも用意しておくと安心です。

水の入れ方
まず、保存容器(ポリタンク等)を水道水で十分洗います。
保存容器の口元いっぱいまで水道水を入れ、空気が入らないように蓋を閉めてください。この時、空気が残っていると空気中の雑菌で汚染される場合がありますので、できるだけ空気が残らないようにして下さい。

水の保存方法・保存期間
直射日光を避け、風通しのよい場所で保存してください。
保存できる期間は3日間です。3日を過ぎると塩素の消毒効果が低下しますので十分注意してください。
(保存期間を過ぎた水は、掃除や選択などに使用してください。)

お風呂の残り湯も有効に
災害時に水の供給が止まったとき、お風呂の水を残しておくと、トイレの流し水や生活用水として利用できます。
また、火災時にも消火用水として使用することが出来ます。
(災害時の事故防止のため、お風呂の蓋は閉めておいて下さい。)

耐震性能や耐震化に関する取組等の状況

平成28年度に策定した「能勢町水道事業経営戦略」に施設の状況や管路の状況を記載しています。ご参照ください。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2018年02月08日