水道管の凍結にご注意ください

  1月末からの寒波により、水道管や蛇口の凍結による漏水が町内で多発しています。
  空気がマイナス4℃以下の日や、1日中氷点下の真冬日が数日間続いたときには、凍結により水道管が破裂しやすくなります。
  特に下記の箇所にご注意ください。

  • 水道管が露出している箇所(屋外給湯器など)
  • 北向きで風当たりの強い場所
  • 屋外水栓 など

凍結を防ぐには

  1. 水道管や蛇口の部分に保温材(不要になった布)を巻きつけ、更にその上からビニールテープなどを巻いて保温材が濡れないようにしましょう。この際、蛇口部分もしっかり巻きつけてください。
  2. メーターボックス内には発泡スチロールなどを入れると効果があります。

凍結して水が出ないときは

   蛇口などが凍って水が出ないときは、凍った部分にタオルを被せて、ゆっくっりとぬるま湯をかけて、凍っている部分をとかしてください。

(注意)急に熱湯をかけると、水道管や蛇口が破損することがありますので注意してください。

この記事に関するお問い合わせ先

環境創造部地域整備課水道係(西館2階)
電話:072-734-2532
ファックス:072-734-1545
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2018年02月08日