新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的な取扱いについて

 令和2年4月7日付けで厚生労働省から『新型コロナウイルス感染症への感染拡大防止を図る観点から、すべての被保険者について認定調査が困難な場合、従来の有効期間に市町村が定める期間を合算できる』と通知されました。

 この通知を受けて本町では、次の要件に当てはまる方を対象に、下記のとおり対応いたします。

対象となる方

 

  • 要介護(要支援)更新申請であること。
  • 下記のいずれかに該当すること。

     (1)調査先が施設等の場合

         介護保険施設や病院等において、入所者との面会を禁止する等の措置により

         認定調査が困難であること。

     (2)調査先が在宅(施設等以外)の場合

         対面での調査に不安がある等、自宅での認定調査が困難であること。 

取扱い内容

 対象者のうち、延長措置を希望される方については、現在の要介護認定及び要支援認定の有効期間を、在宅の方(施設等以外)については6ヶ月、施設等入所者については、12ヶ月延長するものとします。

(認定調査及び認定審査会を実施することなく期間を延長して、現在の要介護度を引き継ぎます。)

取扱いに係る手続き(提出書類)

 町から更新申請のお知らせが届きましたら、通常の更新申請と同じように期限を迎える1ヶ月前頃までに申請をしていただきますようお願いします。

 対象となる方で有効期間の延長を希望される場合は、1.申請書に加えて以下の2.別紙を記入のうえ提出してください。

 

1.要介護認定・要支援認定申請書(PDF:403.9KB)

2.申請書別紙(PDF:88.2KB)

 

※延長を希望しない場合は、通常通り認定調査を行うため、申請後に調査の日程調整について調査員から連絡いたします。

※来庁による感染リスクを避けるため、郵送による申請をお勧めします。(内容に不備のないようご注意ください。)

注意事項

  • 更新申請の手続きを行っていただいた方が対象となりますので、申請手続きは行ってください。
  • 新規申請または区分変更申請は、認定調査が必須となるため、この取扱いの対象外です。原則として、面会禁止措置が解かれた後に認定調査を行います。
  • この取扱いにつきましては、当面の間の例外的措置とし、今後の状況によっては対応が変更になる可能性がありますのでご了承ください。

その他

 延長した認定期間を記載した介護保険被保険者証はご本人宛に郵送(簡易書留)しますので、記載内容をご確認ください。

【参考】厚生労働省通知

新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的な取扱いについて(PDF:39.3KB)

(令和2年2月18日厚生労働省老健局老人保健課事務連絡)

新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的な取扱いについて(その2)(PDF:73.6KB)

(令和2年2月28日厚生労働省老健局老人保健課事務連絡)

新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的な取扱いについて(その3)(PDF:67.4KB)

(令和2年3月13日厚生労働省老健局老人保健課事務連絡)

新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的な取扱いについて(その4)(PDF:38.7KB)

(令和2年4月7日厚生労働省老健局老人保健課事務連絡)

 

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉部福祉課包括支援係
能勢町栗栖82番地の1(保健福祉センター)
電話:072-731-2160
ファックス:072-731-2151
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2020年05月19日