能勢ささゆり学園に学校博物館が完成しました!

能勢ささゆり学園メモリアルホールに新しく学校博物館が完成しました。

能勢の学校教育では昔から、子どもたちにできるだけ多くの「ほんもの」を手に取って観察し、学んでもらうために、たくさんの鉱石、動物や昆虫の標本が集められ、教材として大切に使われてきました。

今回、140年の歴史と伝統ある能勢町の旧6小学校(歌垣小・東郷小・田尻小・久佐々小・岐尼小・天王小)60年の歴史ある旧2中学校(東中・西中)、旧大阪府立青少年野外活動センターに保管されていた多くの博物標本を見ることができます。その中には当時の小・中学校生と先生方が学校のまわりで集めた標本など、地域の自然のうつりかわりを知ることができる貴重なものもあります。

 

標本のために設置した棚類は、旧6小学校と旧2中学校にあったものを補修し、旧校舎の当時を懐かしむことができる展示となるようこころがけました。

また、博物館には珍しい昆虫関係の図書も展示しており、子どもたちが座ったり、寝転んだりして、観察や読書ができるスペースを設けています。

 

※現在、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、学校博物館については、一般公開はしておりません。今後、学校との調整を含め検討していく予定です。

1    tennzi

2    7

10

 

展示品リスト

gakkouhakubutsukan(PDF:470.6KB)

 

 

更新日:2020年03月31日