死亡届

死亡届は、次の要領で死亡の事実を知った日から7日以内に届出をしてください。

届出人

同居の親族(同居していない親族からも届出ができます)

その他の同居者

家主、地主、家屋または土地の管理人

後見人、保佐人、補助人及び任意後見人

届出期間

死亡の事実を知った日から7日以内

届出地

死亡者の本籍地、死亡地または届出人の住所地、所在地のうちいずれかの市区町村役場

必要なもの

死亡届 (死亡に立ち会った医師の死亡診断書(死体検案書)のついた届書用紙を病院で受け取ってください)

届出人の印

届出場所と時間

役場本館 住民課(住民票・戸籍)

平日午前8時30分から午後5時まで

役場宿直室

夜間、土曜日、日曜日、祝祭日及び年末年始

住民サービスセンター

火曜日以外の平日午前8時30分から午後5時まで

注意していただきたいこと

能勢町民の死亡届をほかの市区町村役場へ提出した場合、国民健康保険等の手続きがある方は、後日、各担当課で手続きをしてください。

日本人が国外で死亡した場合は、死亡した事実を知った日から3か月以内に、その国にある日本大使館等または死亡者の本籍地、届出人の住所地、所在地の市区町村役場で届出をしてください。日本の市区町村役場に提出する際に必要なものは、死亡証明書(原本)と日本語の訳文(訳者の署名・押印入り)、届出人の印等です。現地の日本大使館等へ提出する場合は、日本大使館等へお問い合わせください。

外国人が死亡した場合、出入国在留管理庁に特別永住者証明書または在留カードを返納してください。返納方法は下記をご参照ください。

http://www.moj.go.jp/isa/applications/procedures/nyuukokukanri10_00020.html

 

この記事に関するお問い合わせ先

総務部住民課住民窓口担当(本館1階)
電話:072-734-2107
ファックス:072-734-1100
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2021年04月01日