婚姻届

ご結婚おめでとうございます。 婚姻するときは、次の要領で届出願います。

届出人

夫及び妻になる人

届出期間

届出によって効力を生ずるので、期間の定めはありません。ただし、外国の方式で婚姻した場合は、婚姻成立の日から3か月以内に届出が必要です。

届出地

夫または妻の本籍地、住所地、所在地のうちいずれかの市区町村役場

必要なもの

  • 婚姻届  
  • 戸籍謄本または全部事項証明(本籍が能勢町にない方のみ)
  • 夫及び妻の印
  • 未成年者の場合は、実父母(養子、養女の場合は養父母)の同意書
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポート、個人番号カード、住民基本台帳カード、特別永住者証明書、在留カードなど官公署が発行した顔写真付の証明書)

証人

成年者2人が署名・押印・生年月日・住所・本籍を記入(ただし、外国の方式で婚姻した場合は不要)

本人確認

婚姻届出の際に、第三者からの不正な届出を防止し個人情報を保護するため、本人確認を行っています。提示していただく書類は、運転免許証、パスポート、個人番号カード、住民基本台帳カード、特別永住者証明書、在留カードなど官公署が発行した顔写真付の証明書です。確認できる書類をお持ちでない方については、後日届出確認通知書をお送りします。

届出場所と時間

役場1階住民係

平日午前8時30分から午後5時まで

役場宿直室

夜間、土曜日、日曜日、祝祭日及び年末年始

住民サービスセンター(旧自然休養村管理センター)

火曜日以外の平日午前8時30分から午後5時まで

 

注意していただきたいこと

婚姻可能年齢

男性満18歳以上、女性満16歳以上

未成年者

20歳未満の方が婚姻する場合、実父母(養子、養女の場合は養父母)の同意が必要

再婚禁止期間

女性は離婚後100日(ただし、同一人との再婚は除く)

戸籍謄本または全部事項証明

発行後3か月以内のもので、発行後戸籍に変動がないもの

婚姻届用紙

用紙は、役場住民係でお渡しします。

 婚姻届書中(4)欄の[婚姻後の夫婦の氏(夫の氏・妻の氏)]にレ点をした人が、婚姻後の戸籍の筆頭者となります。婚姻後に筆頭者と配偶者の記載の順番は変更できませんので、よく考えてから届出してください。

住所変更

婚姻届だけでは住所変更はできません。別に住民異動(転入・転居・転出)届が必要です。ただし、住民異動届については、平日午前8時30分から午後5時までのお取り扱いになりますのでご注意ください。

再婚

婚姻届で戸籍(氏)が変わるのは夫または妻のみです。

 再婚で子がいる場合別途届出が必要になる場合があります。詳しくは住民係にお問い合わせください。

 

外国の方式で婚姻した場合、婚姻証書作成の日から3か月以内に、その国にある日本大使館等もしくは夫または妻の本籍地、住所地、所在地のうちいずれかの市区町村役場で届出をしてください。

日本の市区町村役場に提出する場合に必要なものは、婚姻証明書(原本)と日本語の訳文(訳者の署名・押印入り)、戸籍謄本(または全部事項証明)、夫及び妻の印(外国人の場合は不要)等です。この際、婚姻証明書に婚姻成立日、どの国の方式であるか、氏名、生年月日、国籍等が明記されているか確認をしてください。明記されていない場合、別の証明書が必要になることがありますので、住民係へお問い合わせください。また、日本大使館等へ書類を提出する場合は、1部では足りないこともあります。必要書類については日本大使館等へお問い合わせください。

外国人との婚姻に必要な書類は、婚姻要件具備証明書と日本語の訳文(訳者の署名、押印入り)、パスポート、外国人登録原票記載事項証明書等が必要になりますが、国籍により書類が異なりますので、住民係へお問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ先

総務部住民課住民係(本館1階)
電話:072-734-2107
ファックス:072-734-1100
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2017年06月30日