不在者投票

不在者投票について

 選挙期間中に能勢町外に仕事や就学のため居住している人、指定された病院や施設等の不在者投票施設に入院又は入所されている方は不在者投票を行うことができます。

 それぞれの投票の手続きは次のとおりです。

滞在地の選挙管理委員会での不在者投票

一時 滞在中の市区町村の選挙管理委員会で不在者投票を行うことができます。

手続き

 不在者投票宣誓書・請求書を能勢町選挙管理委員会に提出してください。(直接又は郵便)
 審査後、滞在地へ投票用紙、投票用封筒、不在者投票証明書を送付します。
 投票用紙等が届きましたらそれをそのまま滞在地の選挙管理委員会に持参し投票する事ができます。 

指定病院及び施設等における不在者投票

 都道府県の選挙管理委員会が不在者投票施設として指定した病院や老人ホーム等の施設に入院又は入所されている人は、その施設において、不在者投票管理者の下で不在者投票を行うことができます。

手続き

病院等の不在者投票施設に不在者投票をしたい旨を申し出てください。
 申し出のあった病院等の不在者投票管理者(院長及び施設長)が能勢町選挙管理委員会に不在者投票の請求を行い、その審査後、不在者投票管理者及び立会人の下その病院等において投票する事ができます。

指定病院及び施設の方へ

 不在者投票の請求の際には、不在者投票用紙等請求書及び不在者投票請求名簿を添えて能勢町選挙管理委員会に提出してください。(直接又は郵送) 

郵便等による不在者投票

 次のような身体に重い障害があり投票所に行くことのできない人は、自宅等で郵便等による不在者投票を行うことができます。

郵便等による不在者投票のできる人

 身体障害者手帳に次のいずれかの記載がある人

  • 両下肢、体幹及び移動機能障害 1・2級
  • 心臓・じん臓・呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸障害 1・3級
  • 免疫機能・肝臓障害 1~3級

 戦傷病者手帳に次のいずれかの記載がある人

  • 両下肢、体幹障害 特別項症~第2項症
  • 心臓・じん臓・呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸・肝臓障害 特別項症~第3項症

 介護保険証に次の記載がある人

  • 要介護5

代理記載

 郵便等による不在者投票ができる人で、自書をすることの困難な次のいずれかに該当する人は、代理人に投票に関する記載をさせることができます。  

  • 身体障害者手帳に上肢又は視覚障害1級の記載がある人
  • 戦傷病者手帳に上肢又は視覚障害特別項症~第2項症の記載がある人

手続き

 郵便等投票証明書交付申請書を能勢町選挙管理委員会に提出してください。
 代理記載に該当される人は、郵便等投票証明書交付申請書(代理記載)、代理記載人となるべき者の届出書、同意書及び宣誓書を能勢町選挙管理委員会に提出してください。

 審査後、郵便等投票証明書を交付します。 

この記事に関するお問い合わせ先

選挙管理委員会(本館1階)
電話:072-734-0479
ファックス:072-734-2064
メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年10月11日