平成21年以降に入居した方の町・府民税住宅借入金等特別税額控除(住宅ローン控除)について

平成21年度税制改正において所得税から控除しきれなかった住宅ローン控除を町・府民税(所得割)で税額控除するようになりました。

控除対象者

 平成21年から平成25年末までに入居した方で、所得税の住宅ローン控除の適用があり控除しきれなかった額がある方。

申告手続き

 確定申告や年末調整をすれば申告は不要です。

控除対象年度

 平成22年度から平成35年度の町・府民税(所得割)。

控除額

所得税における住宅ローン控除可能額から住宅ローン控除適用前の所得税額を差し引きします。

(所得税の課税総所得金額等の5%(97,500円を限度)が上限です)。

ご案内

 平成19年、平成20年に入居した方は、所得税で控除期間を15年に延長する特例が設けられているため、町・府民税(所得割)から控除することはできません。 

 総務省ホームページにも詳しく書いてありますので参考にしてください。

この記事に関するお問い合わせ先

総務部住民課税務係(本館1階)
電話:072-734-0153
ファックス:072-734-1100
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2017年06月30日