地域おこし協力隊の活動について

 能勢町では、令和3年7月より2名の地域おこし協力隊員を採用し、連携先の団体と活動を進めていただいております。

 隊員の日々の活動や想いについては能勢町地域おこし協力隊のfacebookや、Instagramにて報告を行っておりますので、ぜひご覧ください。

高江 直哉隊員(兵庫県尼崎市より移住)

趣味:トレイルランニング、カポエイラ、三線演奏

特技:ポルトガル語、ハカ(マオリ族の踊り)

活動内容:能勢なつかしさ推進協議会と連携し、「里山での学び」を活かしたプログラム開発や交流の促進など

意気込み:まずは、能勢町の皆様と多く関わり、町のことをしっかりと把握したうえで活動に取り組んでいこうと思っています。また、オーストラリア、ブラジルで働いていた自身の経験を活かし、豊かな里山と人々の繋がりといった魅力を、より多くの方々に知っていただけるような施策を提案できるように努めて参ります。

連携先団体:能勢なつかしさ推進協議会HP(外部サイトへ移動しますので、ご注意ください。)

 

江藤 幸乃隊員(東京都多摩市より移住)

趣味:散歩、読書、植物や風景の写真をとること

特技:暗算

活動内容:株式会社 能勢・豊能まちづくりと連携し、再生可能エネルギーを軸としたまちづくりなど。

意気込み:まずは、能勢町を知るところから始めたいと思います。能勢町の素敵な場所、おいしいもの、いろいろ教えてください。自然豊かな能勢町での生活を楽しみにしています。そして、みなさんの困っていることを少しでも解消し、より住みやすい町になるお手伝いができればと思っています。どうぞよろしくお願いします。

連携先団体:株式会社 能勢・豊能まちづくりHP(外部サイトへ移動しますので、ご注意ください。)

この記事に関するお問い合わせ先

総務部総務課政策推進担当(本館1階)
電話:072-734-3036
ファックス:072-734-2064
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2021年08月25日