ヒトパピローマウイルス感染症(HPVワクチン)について

ヒトパピローマウイルス感染症(HPV)とは

〇病気について

ヒトパピローマウイルス(HPV)は、性経験のある女性であれば50%以上が生涯で一度は感染するとされている一般的なウイルスです。子宮頸がんを始め、肛門がん、膣がんなどの尖圭コンジローマ等多くの病気の発生に関わっています。特に、近年若い女性の子宮頸がん罹患が増えています。

 

〇ワクチンについて

HPV感染症を防ぐワクチン(HPVワクチン)は、小学校6年生~高校1年生相当の女性を対象に定期接種が行われています。

・接種費用:無料

 

定期接種をご希望の方は予診票をお渡ししますので、能勢町保健福祉センター内健康管理係までお問い合わせください。

令和2年時点では、積極的な勧奨を控えていますが、希望により接種は可能です。

子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)は、平成25年(2013年)4月1日より定期予防接種として実施していますが、因果関係は不明ながら持続的な疼痛が接種後に報告されたことから、厚生労働省より「副反応の発生頻度がより明らかになり、適切な情報提供ができるまでの間、積極的な接種の勧奨を差し控える」との通知を受け、同年6月14日から積極的な接種勧奨が差し控えられています。

 

なお、この対応により、定期接種としての位置付けが変更されるものではありません。対象者のうち、接種希望の方は、ワクチン接種の有効性及び安全性について、ご理解をいただいた上で、接種してください。

厚生労働省HP ヒトパピローマウイルス感染症

この記事に関するお問い合わせ先

福祉部健康づくり課健康管理担当
能勢町栗栖82番地の1(保健福祉センター)
電話:072-731-3201
ファックス:072-731-2151
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2020年10月19日