風しん第5期定期接種について

風しん予防接種を受けましょう

 風しん第5期定期接種の対象となる昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性は、定期接種の機会がなかったため他の世代に比べ風しん抗体保有率が低く、風しんに感染しやすい年齢層です。

 また大人になってからの感染は小児に比べ、重症化しやすい傾向があります。

 

 感染を拡大させないためには、個人が抗体を持つとともに、社会全体の抗体保有率を高めることが重要です。

 クーポン券を送付しますので、届きましたら抗体検査及び予防接種を受けましょう。

対象者

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性

※令和2年度は、令和元年度に抗体検査を受けていないすべての対象者に対し、令和2年4月中旬以降にクーポン券を送付します。それ以前にクーポン券を使用されたい場合は、能勢町保健福祉センター内、健康づくり課(健康管理担当)へお問い合わせください。

(風しん第5期は令和元年度から3年間行われている事業です。)

接種までの手順

1:しん抗体検査を受ける

 クーポン券を使用することで、全国で原則無料で抗体検査を受けることが出来ます。受診を希望される医療機関健康診査でクーポン券が使用できるかご確認ください。

抗体検査の結果、予防接種が必要と判断された場合は、必ず予防接種を受けましょう。

 

※妊娠を希望する女性の配偶者の方でクーポン券を使用した結果、予防接種が不要と判断された場合でも、「大阪府先天性風しん症候群予防事業」の風しん予防接種を受けることができる場合があります。詳しくは健康づくり課(健康管理担当)へお問い合わせください。

 

2:MR(麻しん風しん混合ワクチン)の接種受ける

 抗体検査の結果、予防接種が必要と判断された場合は、同封のクーポン券を使用することで、全国で原則無料で麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)の予防接種を受けることが出来ます。

接種を希望される医療機関でクーポン券が使用できるかご確認ください。

(卵などにアレルギーのある方は、主治医にご相談ください。)

 

※厚生労働省 風しんの追加的対策について

風しん第5期定期接種(抗体検査及びMR予防接種)受託医療機関について、詳しくはこちらをご覧ください。医師の氏名は実施機関で掲示を行っています。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/rubella/index_00001.html

妊娠を希望する女性、その配偶者、妊娠している女性の配偶者の予防接種はこちら

※風しん第5期定期接種は、男性が対象となるものです。妊娠を希望する女性・妊娠を希望する女性の配偶者・妊娠している女性の配偶者の方は、こちらをご覧ください。

能勢町 先天性風しん症候群対策事業について HP

http://www.town.nose.osaka.jp/kurashi/kenko/5079.html

この記事に関するお問い合わせ先

福祉部健康づくり課健康管理担当
能勢町栗栖82番地の1(保健福祉センター)
電話:072-731-3201
ファックス:072-731-2151
メールフォームでのお問い合わせ

更新日:2021年04月01日